内容の確認と理由

どのようなことをしているのか

就職活動をしていて決まらないという方が多くいます。どうして決まらないのかという理由を考える前に自分の行きたい企業に応募し、内定をもらえないまま続けているということになります。また、就活イベントのような大型イベントに参加して圧倒的に応募総数が多い企業に履歴書を出して面接を受けるという狭き門を狙っているということになっています。 自分が興味のある企業というのは、どのような企業なのかということです。福利厚生、休日、年収などを気にしている方が多いですが、好きなことであれば関係がなくなってくるということがいえます。 このように企業研究というのは良い企業ということではなく、自分が好きなことをできて能力を発揮できるのかを問われていることを忘れないでおきましょう。

どうして内定をもらえないのか

就職活動で内定が決まらない最もな理由として、私はこんなことができるということを自己PRするのではなく、その企業に就職したら私はこのようなことに貢献でき、活躍することができますというアピールが足らないことがいえます。就職活動での内定が決まらないのは数で経験するというのではなく、量よりも質になります。企業研究というのはその企業での即戦力となれるかどうかということを聞かれていますので、もし内定をもらえなかったとしてもどこが悪かったのかという自己分析をすることによって次の企業に進むことで更に上乗せした経験を活かすことができますので諦めないことが必要です。 このように就職というのはあなたにとって企業に対してどのように貢献できて、活躍できるのかに視点を置くことによって考え方が変わってくるのです。